ルイヴィトンダミエポシェット
null
null ガラリアの声が、明瞭《めいりょう》に飛びこんできた。 「待ってくれ! 手を出すな! 追っている戦闘機に手を出させないためにも、街から離れるなっ! 街から離れなければ、戦闘機は攻撃してこないっ! バーン! ガラリアっ! きけっ! 俺は、まだこの地上世界の連中とは、接触していないんだ!」  ジョクは、前方を行く二機のオーラバトラーの影が、識別できるまでに接近していた。 「…………!?」  米軍の戦闘機が、ジョクの左右から迫ってきた。  ジョクは、その影を見た。  嫌な予感がした。 「…………!?」  ドウーンッ!  今度は、音速に近い速度のまま、ジョクの視界の右から左へ二機、左から右へと一機がパスした。  バーン機とガラリア機が、ふわっと左右に揺れて離れたように見えた。  ジョクは、本能的に高度を下げながらも、カットグラの機体を、縦にしたまま一回転させた。  その間に、ジョクは周囲を索敵した。  チャムも、同じようにした。  彼女は、ジョクにとってもうひとつの目になってくれた。 「……ヘリか……!?」  警察か消防のものだろう。海上自衛隊の館山《たてやま》基地からのヘリがくるには、早すぎると感じた。  しかし、朝霞《あさか》駐屯地あたりから飛び立つヘリだってないことはないし、消防庁のヘリが福生市にむかっているのかも知れなかった。